枠の設定が簡単

突然お金が必要な際、大変便利なのがキャッシング機能付きのカードですよね。 今や銀行のキャッシュカードでさえ、ショッピングローンやキャッシングが当たり前となっている時代において、わざわざ更にカードを作る必要はあるのか、と思う方も大勢いらっしゃるでしょう。 そこで、今回はサブカードについてお話しようかと思います。 サブカードとは、普段使いの予備として使用するもので、例えば普段使いのカードのキャッシング枠(銀行発行のものである場合、金額がショッピング枠内でしか使えないことが多い)がいっぱいになってしまっていたり、あるいは破損で使えなくなったりした際に大変便利です。 そのサブカードとして大変便利なのが、モビットのカードなのです。 キャッシング機能のみのカードですが、枠は最初は50万円まで(免許証の提示が可能である場合)は自由に選択できます。 あくまでもキャッシング枠10万円からのスタートで枠の増額という形ではありますが、モビットの利便性は自制心に働きかけてくれる枠の設定にあると思っています。


 

大ピンチの時

さて、続いてはサブカードとして本領を発揮するとある場面でのお話です。 皆さんは、カードを利用する人間において、どのような時が一番のピンチであると思いますか? それは、盗難に遭ったときです。 カードは普通、お財布に入れておくものかと思います。 なので、いざ盗難に遭ってしまうと、何もかもを失ってしまうのです。 そこでまず必要なのが、カード会社への連絡です。 他者に利用されないようにカードの停止を依頼せねばなりません。 警察へ行くのはそのあとです。 そして警察の手続きも済ませ、再発行です。 銀行のカードは、再発行には身分証が必須です。 しかし、盗難に遭ってしまった場合、もちろんそんなものはないですよね。 なので、普通なら身分証の再発行後の手続きとなり、かなり時間を食う羽目になります。 しかし、モビットは違います。 どのキャッシングカードも上記の手続きが必要ですが、モビットは電話だけで再発行してくれます。 さらに、銀行のカードは他のキャッシングカードがあれば再発行手続き出来るので、モビットは絶対に持っておいた方が良いです。